忍者ブログ

30Oct

ジーガインの話

Posted by まいぷら in ホビー(その他)

ハロウィンですねー。

ハロウィンといえばカボチャ。
カボチャといえばオレンジ。

オレンジといえば、あ、全然関係無いですけど、S.I.Cシリーズの参考出品(?)がありましたね。

そこにあったデュークがね、かっこよくてですね。
SICって結構デフォルメされるじゃないですか。

結構デフォルメされるの好きなんですけど、思ってた方向じゃないデフォルメがあんまり好きじゃなくて、今回のデュークはそっちじゃなくて安心しました。

まあ、見たカンジさほどデフォルメ感なかった気がするけど!!!


そんなわけで、文字系食玩のニューフェイス、武神漢装ジーガインだよ!

あ、風林火山はノータッチ。






というわけでね、ジーガイン。
1つ150円(税抜)です。

それぞれが漢字になっていて、変形させると亜弐丸(アニマル)になります。


まあね、一回公式サイトとか見てもらえるとわかると思うけど、

アニマルが結構ムチャな見立て変形です。(個人的見解)

だから今回はちょっとアニメルモードは割愛するね。




値段的にわかるかもしれませんが、相当小さいです。
ワーディアンのクラーケンと比べてもこの程度。

一応、パッケージの外からどの文字が入っているのかはわかるんですが、

カラバリが3種類あります。

一応、箱には色ごとに分けられてるっぽいので、バラバラにチョイスしなきゃ色は揃うハズです.....多分.....

ホワイト、ガンメタ、ゴールドがあるんですが、僕はこういうくじ運無いので、

「白欲しいけど金当てちゃうんだろうな~」と思ったら白でした。




武神モードの素体。
これは剣聖軍神の素体(白)ですね。

風林火山の素体は違うのかどうかわかりません。

あそうだ、目のシール以外は塗りました。

剣に胴、聖に足、軍に腕、神に頭が入っています。


一つ注意してほしいのは、白の漢字には白の素体が入ってるってことです。

パッケージ裏の写真では、白の漢字をガンメタの素体に装備させてますが、

1セットじゃ揃いません。

バ○ダイ恐るべし。



可動はまあ、それぞれの付け根がボールジョイントってだけですね。

一応武器として剣を持たせてみましたが、まあ、ティンペット感ありますね。



早速武神漢装させてみましょう。

まずは剣聖モード。
基本的なノーマル状態ですね。

いやね、これは結構カッコイイと思うんだ。

最初ジーガインにあんまりいいイメージ持ってなかったんですが、いざ買ってみると結構好きですこのフォルム。

素体がガンメタじゃなくても僕的にはイッツオーライ。



次は拳闘モードですね。

これだけはね、顔をガンメタにしているよ。
白だと剣聖モードと同じ兜パーツのせいか、しっくりこなくて.....

公式サイト見た時に、このモードを見て、「あ、一応買ってみようかな」と決意しました。
肩から拳にかけてがカッコイイね!



次は騎馬モード。

兜が変わりましたね。
騎馬というより、ケンタウロスモードですからね。



一応後ろから。

これはね、付けてるだけ感が凄いです。

ああそうだ、ほとんどのモードが、裏面はスカスカですね。
それこそ正面ファイターみたいな。




最後のモードが独眼モードですね。

騎馬モードと頭飾りパーツは同じですが、剣を挟むことで片目を隠しています。
それと武器として大きくなった剣を装備してます。

いやあ、触ってるうちにこれが一番かっこよく思えてきました。

何よりもね、余剰パーツが無いってのが大事ですね。
他のモードはいくらか余剰が出るので、無くさないように注意してください。

これモチーフは武田VS上杉なのに独眼出していいの?ってカンジありますけど。




大きさはこの程度。

まあ、これで600円ですからね。

普通にカラバリ無し部分塗装で1セット1000円いかないくらいなら、わざわざ食玩じゃなくてもおもちゃとして成立しそうな雰囲気ではあります。



パーツ変えてザコ兵っぽいのも作れます。
目のシールは自作だけど。

パーツの規格が一緒なので、自分で好きに漢装できるのはいいポイントだと思います。
コンテストもあるみたいだし。

ただね、製品的な意味じゃなくて他の部分で詰めの甘い部分があったりなかったりなので、人を選びそうな食玩だなと思いますはい。


まあ、僕みたいにテキトーに1セット揃えてみれば気持ちが変わるかもしれないので、そこは600円のお布施だと思ってレッツドゥーイット。

拍手

PR